韓国の乗用車のボディーカラー

日本と異なる韓国の車事情

韓国を旅行した時に、道を走っているのは、Hyundai、KIAなど韓国メーカー製造の乗用車が大半を占めていて、「日本とは違うなぁと」と感じるかと思います。

また、日本では税制上の特典がある、軽自動車ですが、韓国ではほとんど見ることはありません。
乗用車は大型のものが多く、昔からの韓国スタイルの家(韓屋)などでは、駐車場が無いところが多く、裏道などに車を駐車するために、道が車で溢れかえっています。

さらに、驚くのは、乗用車のボディーカラーです。
タクシー、バスなどは、目立つような、緑色、橙色等を使っていますが、乗用車の多くは、黒色、白色、銀色のモノトーンカラーなのです。
赤色、黄色、緑色のようなカラフルな乗用車を見ることは稀です。

一体どうしてなのでしょうか?

ソウルの町を走る車

ソウルの町を走る車

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする