娘といく台湾(4)・台北宿泊先 MAIN INN TAIPEI

宿泊先に MAIN INN TAIPEI を選んだ理由

台北での宿泊先を選ぶにあたり、台北駅から荷物をもって歩いて行ける範囲にあることが条件です。

理由は、空港から、台北駅へMRTで移動する予定であること、また、台北では、台湾鉄道を利用して、猫の村にいく予定であること、さらに、次に訪問先である鹿港へは台北駅近くにある、台北バスステーションを利用する予定であったからです。

その他の条件としては、金銭的にもリーズナブルで、なるべく広いスペース。さらに、TV、トイレ・シャワーが室内にあり、禁煙の部屋であることです。

さらに、宿泊先の予約はいつも Agoda.com を利用していますが、そこでの評価がそれなりに高いところであればOKです。

上記の条件にマッチしたのが、MAIN INN TAIPEI でした。

部屋に「窓がない」とあったのが気がかりでしたが、実際に宿泊してみて、窓の有無はあまり気になりませんでした。

台北駅到着から MAIN INN TAIPEI まで

空港からMRTで台北駅に到着すると、MRTの駅は地下にあるので、まずは地上る必要があるのですが、何番の出口が一番近いのか、HP等にも情報が記載されていなかったので、残念です。

地下街に掲載されていた地図をたよりに、このへんかな?と、思ったところで地上に出たら、目の前に MAIN INN TAIPEI がありました。
地下街からの出入口からの距離は 50m 程です。

このガラスの門が入口です。

1F入口の外側。一泊 700元からはドミトリーの料金

入口の表札。

MAIN INN TAIPEI 到着

1Fは入り口のみで、ドアを開けるとすぐに階段があり、階段を上がったところがフロントになっています。

スタッフの対応もよく、チェックインもスムーズにできました。日本語を話すスタッフはいませんでしたが、英語はみな上手でした。

2F、3Fが個室、5Fがドミトリー、6Fが共用スペースになっているようでした。

4Fがないのですが、台湾では日本と同じように数字の4を避けるようで、4Fという名称の階はありません。私もあとで気がついたのですが、6Fの共用スペースにいくには3階からさらに3つ上まで行くのなんぎだなぁ~と、思ったのですが、実際には2つ上の階にいけばよいだけでした。

私たちの部屋は3階で、カードの先についている部屋の鍵をさしながら、レバーを回してドアを開けるというちょっとなれないと開けずらいドアでした。

キーがついたカードは、入口近くのカード受けに入れないと、電気がつかない仕組みです。しかし、渡されたカードでなくても、例えば、名刺をさしても、電気をつけることができました。

部屋は、ホームページなどで見た写真と同じで、想像通りの部屋でした。

廊下から部屋の入口

部屋入口から

ベッドと電話。電気のコンセントは日本と同じタイプで日本のものがそのまま使えました。

部屋の内部から入口。入口のすぐ左にクローゼットがあり、下部には冷蔵庫があった。

テレビと机。机の上には湯沸かしポットとティッシュ。椅子は1脚のみ

シャワーにはカーテンがあります。

ベッド

机とTV

実際に MAIN INN TAIPEI に宿泊して感じたこと

実際に宿泊してみると、廊下で話す人たちの声が聞こえたり、隣、もしくは、上階の部屋からトイレやシャワーを使った水の音などが大きく聞こえてきました。

利用した日は少し肌寒かったので、暖房を入れようと試みましたが、暖房機能がないエアコンのようで、暖かい空気は流れてきませんでした。

今回、MAIN INN TAIPEI には2泊したのですが、1泊したあとに、部屋がよごれて、ゴミ箱も一杯になったので、清掃をお願いしたところ、ちゃんとやってくれました。少しはやめに外出先から戻ると、クーラーがつけっぱなしになっていたのですが、窓がない部屋なので、空気の流れがなく、床をモップがけしたあと、乾燥させるためにつけっぱなしにしていたみたいです。

MAIN INN TAIPEI で気に入ったのは、6Fの共用スペースです。キッチンでは簡単な料理もでき、コーヒー等の飲み物もセルフサービスで自由に飲めます。大きなテーブルが3つもあり、かなり広いスペースを共用スペースとして提供していてました。ホテルとしては、共用スペースにするよりも、1部屋でも多くの部屋を用意したほうが儲かるのに。経営効率が悪いんじゃないかと、心配するほどです。

共用スペースの一角には、洗濯機・乾燥機もあり、長期滞在者等選択の必要がある人でも便利に宿泊できます。

6Fの共用スペース。右側がキッチン。左側には大きなテーブルが3つ。右奥のテラスにもテーブルが一つありました。

MAIN INN TAIPEI 周辺環境について

ホテルのそばには、両替のできる銀行もあります。また、ホテルの回りは、アクセサリー等の販売店、卸し屋などが多数あり、その方面に興味のある方にはうってつけの宿泊場所出はないかと思います。

コンビニエンスストアーのセブンイレブンが1ブロック(100m) ほど離れたところにあります。

細い路地をすすむと、ちいさな生鮮市場もあり、果物屋もあるので、ビタミン補給できます。市場の回りには屋台も出ているので、食事にはありつけます。

MAIN INN TAIPEI の入り口から20m ほど離れたところには、「六洲麺線」という、極細麺のトロッとした麺を販売している屋台もあるので、小腹が空いたときに利用できます。

台北駅周辺での宿泊先をお探しの際は、この MAIN INN TAIPEI をおすすめします。

外にはられていた MAIN INN TAIPEI の看板

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)