鶏の足の揚げ物(カー・ガイ・トード)

にわとりの足、そのままの形

鶏の足の形をした、そのままな形の揚げ物、カー・ガイ・トード。
タイ語で、足:カー、鶏:ガイ、揚げ物:トード というそのままの意味の食品。

小さな市場や、道端の揚げ物専門の屋台などで見かけます。

小麦粉に、塩、味の素等をまぶして、油であげただけの、シンプルなものです。形がグロテスクなので、初めての方は口に入れるのを躊躇してしまうかもしれませんが、足の皮と、手のひらの部分の少しの肉が、美味です。
もちろん、骨は硬いので食べれません。

カーガイ・トード(鶏の足の揚げ物)。そのままの形なので、口に入れるのがためらわれます。

カーガイ・トード(鶏の足の揚げ物)。そのままの形なので、口に入れるのがためらわれます。

にわとりの足・首・肛門、日本ではみかけませんが…

日本でも、食材としてはあるはずですが、スーパー等では見たことがありません。いったい、どうしているのでしょうか?肥料やドックフードの材料として利用されているのでしょうか?

足の他に、首の部分、おしり(肛門)の部分も売られています。
首の部分には皮のような肉が付いているだけです。おしりも肛門の周りの肉が柔らかくサクサクした感じです。

カー・ガイ(鶏の足)とコー・ガイ(鶏の首)の揚げ物はビールのおつまみに最適です。

カー・ガイ(鶏の足)とコー・ガイ(鶏の首)の揚げ物はビールのおつまみに最適です。

写真に写っている量で、バンコク近郊のベッドタウンの小さな市で 20B(70円程)で売られていました。
ゲテモノ食材の中では、超初心者向けだと思いますので、タイにお越しの際は是非トライしてみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする