那覇大綱挽まつりの後片付け

那覇大綱挽まつり

毎年、体育の日の10月第2月曜日の前日の日曜日は、那覇大綱挽まつりがあります。
誰でも参加できる綱引きです。

綱引きは、日曜日の16:10~17:00までの間、東西のチームに分かれて、国道58号線を封鎖して行われています。

那覇大綱挽まつりのポスター

那覇大綱挽まつりのポスター

今回、私は、綱引きの試合が終わった17:30頃に、久茂地交差点に来ました。

この久茂地交差点が、綱引きの中心で、雄の綱と雌の綱が交わるところになります。

頭貫棒を抜く作業

直径約1m50、雄の綱と雌の綱それぞれ100m、全長100mにもなる、巨大な綱を、これから片付けるところに遭遇しました。

綱の片付けの第一は、雄の綱と雌の綱をつないでいる、頭貫棒(かぬちぼう)を抜く作業から行っていました。

頭貫棒は、綱引きの試合で、両方からものすごい力で引き合ったために、綱ときつく結合しているようで、頭貫棒を簡単には抜くことができません。

結合部をクレーンで何度も上げ下げを繰り返し、頭貫棒近くの綱の緊張を緩める作業を行った後に、ようやく頭貫棒を取り外すことができました。この作業に2~30分かかりました。

頭貫棒を抜く作業

頭貫棒を抜く作業

綱をクレーンでつり、トレーラーに乗せる

次に、それぞれ100mもある巨大な綱をクレーン車に載せる作業が始まりました。

各綱に5~6台の大型オール・テレーン・クレーンが綱を吊り上げ、綱の下に、トレーラーが入り込み、トレーラーの器用なハンドルさばきと、クレーンの上げ下げの絶妙なタイミングで、綱を上手に下りながらトレーラーに載せていました。

綱の片付け作業で、普段見ることができない職人技を見ることができて、那覇大綱挽祭りを楽しませて頂きました。

クレーン車6台で半分を片付ける

クレーン車6台で半分を片付ける

トレーラーが器用に移動して縄を収納する。

トレーラーが器用に移動して縄を収納する。


那覇大綱挽まつりの片付け
那覇大綱挽まつりの片付け
那覇大綱挽まつりの片付け
那覇大綱挽まつりの片付け
那覇大綱挽まつりの片付け

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする