「ドメインを売って下さい」というオファーに答えて販売しました

ドメインの売買のメール

2015年になって、「あなたの所有している ****.com を売ってください」という英文のメールが来るようになりました。

中には、中国語と英文で、「How much money?」というような、失礼な問い合わせメールもありましたが、ほとんどが、いくらなら売るか?という質問であるのと、発信者の名前、コンタクト先、電話番号などが記入されていなかったので、「詐欺かもしれないなぁ~」と、無視していました。

昨晩、ドメインを買いたいという1通のメールが来ました。
メールの送信先が domain***@usa.com というフリーのアドレスで、メールの中身に記載されていた コンタクト用の Email が *****@yahoo.com と、異なっていたので、あやしいかな?と、思いましたが…


Hi, XXXXX (私の名前)

My name is OOOO HHHHH, I am owner of Virtual Real Estate Limited
I am interesting with your domain name XXXX.com!

I would like to offer you $800 USD for your domain XXXXX.com.
If you want to sell this domain, please kindly let me know!

Thank You and Best Regards!
Email: ***********@yahoo.com
Skype: ***********
Tel: +1 ***********
—-

簡単なメールですが、名前、社名、コンタクト先が記載されていて、希望の購入金額も記載されていました。

私の保有していた XXXX.com ドメイン、ADAD.com のように、携帯のキーボードでとても打ちやすい配置にある文字が繰り返すドメイン、気に入っていたのですが、使う予定もなく、必要もないし、毎年の更新費用も払うのが馬鹿らしいなぁ~と、感じていたのと、800USD = 8万円 という値段だったので、売ってもいいかなと思いました。

まずは、 メール・アドレスで、 Facebook を検索してみましたが、該当はありませんでした。
スカイプのアカウント名が書いてあったので、Skype で調べてみると。アカウントは存在し、顔写真がアイコンになっていました。コンタクト情報を見てみると、「ポルトガル語」が母国語のようでした。

ここまで、調べた後、「800ドルで、売ってもいいよ! Paypal のアカウントから請求書を送るので、入金が確認できたら移管手続きをするよ!」と、書いて返事をしました。

要は、「先にお金を払って、私の方で入金が確認できた時に、移管の手続きに必要なことをしてあげるよ!」と、返事をしました。

繰り返しますが、「入金が確認できれば、ドメインの移管手続きを開始しますよ」ということで、お金を払っても、手続きをしない事も有り得るわけで、見ず知らずの人が私を信用するのか? 思って、メールを送信しました。

しかし、すぐに、Skype アカウントに彼からのコンタクト(チャット)があり、彼の Paypal アカウントに使われているメール・アドレスの情報が送られて、請求書は *****@****.com に送ってくれとのメッセージでした。

Paypal から請求書を送ると、これまた、すぐに入金が確認できました。

入金が確認できたので、今度は、移管に必要な 認証コードの情報を送り、彼の管理しているドメイン登録会社への移管の許可を与えて、取引が終わりました。

30分後ほどして、移管が正常に終わったとの連絡がありました。

なんか、あっという間の取引でしたが、こんなにスムーズに行くとは思ってもいませんでした。しかし、よく初めて会ってから 10分 もしていないのに、人を信用するのかと思いましたが….

今後も、使わないドメインへのオファーがあれば、このような方法で、処分していきたいと思いました。

スカイプでのやり取り

スカイプでのやり取り

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする