マプラオ・パオ(มะพร้าวเผา)

焼きココナツ?

タイ東北部(イサーン)の農村にも、ココナツの木はたくさん生えています。
ココナツの実を削って、甘いココナツミルクをもち米(カオニアオ)とバナナを葉っぱにくるんで、蒸かしたお餅などは、子どもたちも大好きです。

農村部では、収穫した椰子の実の繊維質の分厚く硬い殻をナタで剥いで、球状の中身だけをとりだして、焼いてから食します。
焼き芋のように、枯れ葉や小枝と一緒に焼きます。

ココナツを焼くことにより、より香ばしい匂いのココナツジュース、甘みをましたココナツミルクが取れるそうです。

原始的な方法ですが、先人の知恵ですね。

バンコク周辺でも、マプラオ・パオは果物屋の屋台で、普通に売られていますので、生のココナツジュースと比較して味することもできます。

椰子の木

椰子の木


マプラオ・パオ

マプラオ・パオ

マプラオ・パオの跡

マプラオ・パオの跡

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする