運河の小道の改修工事

運河の小道でオオトカゲに合う

以前ブログにも書いた運河沿いの小道を久しぶりに散歩する機会がありました。
バンコク近郊・運河の路地散策

今回も、小道に入ってしばらく歩いた先のブッシュでオオトカゲを見ました。小道の上で昼寝でもしていたのでしょうか?人の気配を感じると逃げていきました。

運河沿いの小道を歩いているオオトカゲ

運河沿いの小道を歩いているオオトカゲ

運河の小道の改修工事に遭遇

途中までは以前と変わらない小道でしたが、しばらく行ったところにある三叉路のところで、三叉路から右側の小道の工事をしていました。工事中のところは、これまでの小道を撤去して、新しい手すり付きの小道を建築していました。

工事中の小道

工事中の小道は、迂回路などはなく、工事中から先場所へ散歩に行くこともできませんでした。撤去して作りなおすので、工事が完成するまで周辺住民の利便性を無視した方法です。

工事が終わった方の三叉路から左側の部分には、新しい小道ができており、運河中心部側には、手すり付きの小道ができていました。また、道幅もこれまでの小道よりは20cm 程広く作られており、バイクとのすれ違いも、危険を感じることが少なくなるようです。

手すり付きの新しい小道

手すり付きの小道

手すり付きの小道

ずさんな工事の監督者の名前が記載された案内板

工事が終了した部分を歩くと、あちこちで、これまでの小道の残骸が付近に転がっていました。残骸を片付けないで工事が終了したようです。

以前の手すりがない小道の残骸

小道の終点近くには、この小道のスペックや発注者の偉い人達の名前が書かれた大きな案内板がありました。

公共工事を行った内容と、発注者等の掲示

公共工事を行った内容と、発注者等の掲示

この人達の監督不足で、新しい小道のそばに以前の小道の残骸が転がっているのだと思うのですが…

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする