タイでよく見かける目立つのぼり

タイでよく見る目立つ幟の紹介

タイの通りを車で走ると、時折、風に流されて左右に揺れ動、幟(のぼり)を見かけることがあります。

沖縄では見たことがないので、ご紹介したいと思います。

ファンの風で揺れる幟

ファンの風で揺れる幟

めだつ幟の構造はいたって簡単

この幟の構造はいたって簡単で、基部に扇風機が取り付けられており、その風を布でできた筒状の物体に吹き込んでいるだけです。

ファンの風で揺れる幟(近接)

筒状の物体が自分の重さで下に落ちようとする力と、下からの上に吹く風の力のバランスで、左右に揺れ動きながら直立しています。
自然の風に煽られたりすることもあるり、さまざまな動きをするので、運転中のドライバーの目を集めるのには有効なそうちです。

日本では法的な問題や製作コスト、運用コストが合わない等の問題があるのかはわかりませんが、面白いアイデアだと思います。

遠くからでも目立つ幟

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする