片道の航空券の価格がとても高いLCC(Jin Air ・ TransAsia航空)

LCCで周遊しようとしたら..

LCC の明確な定義は無いようですが、英語の「Low Cost Carrier」の略で、低価格の運賃を実現している航空会社ということのようです。

先日、沖縄から、LCCを利用して、韓国、ラオス、タイ、台湾周遊をしてみようと考えて、予算を調べてみようと思いました。

ルートは、那覇 -> ソウル -> ヴィエンチャン –>【バス・鉄道で移動】-> バンコク -> 台北 -> 沖縄

那覇 -> ソウルは LCC が ピーチ、Jeju、T-way、Easter、Jinair の5社路線を持っています。
ソウル -> ヴィエンチャン は Jinair 1社
バンコク -> 台北 は スクート、V Air、TigerAir の3社
台北 -> 那覇 はピーチ、TigerAir、TransAsia の3社が就航しています。

周遊なので、各路線とも、片道の航空券を買う必要があります
しかし、このなかで、 Jin Air と TransAsia では片道の航空券の料金が、往復の航空券の料金とほぼ同じ。正確に言うと、片道切符の料金は正規料金でしか販売していませんでした。
ソウル -> ヴィエンチャン 間は Jin Air しかLCCは就航していないので、この区間の料金が、他の区間の合計の料金に匹敵するくらい高いので、今回の周遊計画は諦めました。

沖縄を発着するLCCで片道のみの航空券が割高なLCC

沖縄を発着するLCCで、片道の航空券の値段がかなり割高なLCCを調べてみたところ、 Jin Air と TransAsia航空の2社がありました。(2016年2月時点)

ソウルへは、希望する到着時間に合わせて都合のよいLCCを選び、例えば、往路はピーチで、復路は韓国系のLCCという利用法も可能なのですが、片道のみ、Jin Air という場合は相当割高になりますので、気をつけたいところです。

JIN Air で往復の航空券を選択する画面

JIN Air で往復の航空券を選択する画面

JIN AIR で沖縄->送付の片道の航空券を購入する際の画面

JIN AIR で沖縄->送付の片道の航空券を購入する際の画面

JinAirで一番安いクラスの那覇・ソウル往復は 8,500 + 10,170 => 18,670円 これに、諸税がかかります。

それに対して、那覇 -> ソウルの 片道 の場合は 20,000円 これに、諸税がかかります。

同じ日付なのにこのような価格設定をしているのは、いかがなものでしょうか?

ランスアジア航空 で那覇->台北往復 の航空券を購入する際の選択画面

ランスアジア航空 で那覇->台北往復 の航空券を購入する際の選択画面

ランスアジア航空で那覇->台北の片道購入する購入しようとする場合の画面

ランスアジア航空で那覇->台北の片道購入する購入しようとする場合の画面

TransAsia 航空では 諸税を含めた往復の運賃が 19,730 円
同じ日の 那覇-> 台北便の片道の運賃が 57,500円
「割引運賃はありません」と、大きく明記されているので、所々の条件が違い、たとえば払い戻し等が可能なのかもしれませんが、片道だけを買いたいという人には向いていないLCCと感じました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする