子供用がない韓国ソウルの交通カード T-money

ソウルの地下鉄を利用する際には、非常に便利な交通カード T-money です。

以前にも「韓国ソウルの交通カードT-money」のブログを投稿したことがありますが、プリペイド式のカードは、毎回乗車券を買う必要がないので、旅行者にとっては楽ちんです。

今回、韓国を6才になる娘と一緒に旅行しました。前回までは子供料金もかからない、幼児だったのですが、今回は6才になりましたので、子供料金がかかります。

子供用の交通カード T-Money を買おうと、空港駅の近くにあるコンビニエンス・ストアに寄りましたが、「オプソヨ」(無いよ)と言われてしまいました。

空港駅の T-money の料金補充端末・切符販売所の近くには、日本語の話せる韓国人の係員がいますので、念の為に聞いてみたところ、やはり、子供用交通カード T-money は無いと言われました。

子供用の交通カード T-money がなければ、どうすればいいのか? と、尋ねたところ、乗車する度に、その区間料金を払った「1回利用の子供用交通カード」 を買ってくださいとのことでした。

どこの駅にも「1回利用の交通カード」を発行する自動発売機が改札口の近くに設置されています。

1回利用の交通カード発券機

1回利用の交通カード発券機

韓国語の他に、日本語、英語、中国語での利用も可能なのですが、駅名を検索するのが、旅行者にとってはちょっと大変です。

さらに、この「1回利用の子供用交通カード」は乗車料金の他に、カードのデポジットが 500 Won(約50円) かかります。

このデポジットは、到着駅でカードを返却すれば、戻ってきます。
こちらも、カード自動の返却機が改札口の近くに設置されていますが、駅によっては探しづらいところもあるようです。

交通カードのデポジット返却機

交通カードのデポジット返却機

カードを入れて500ウォン返してもらう

カードを入れて500ウォン返してもらう

大人は手間ひまかけないで、行き来できるのに、子供用のカードの手続きで時間をとられてしまいます。

はやいところ、旅行者の子供向けの交通カードを作ってくれないかなぁ~ と、思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする