空港の保安検査で引掛った意外なもの

保安検査場で引っかからないために

韓国に家族旅行へ行く際、よくLCCのピーチアビエーションを利用します。今回も、家族三人で利用しました。
出発の際に、搭乗手続きを終えると、保安検査があります。

保安検査、年を追う事に厳しくなっている感じがします。 私は、金具がついたベルトが引掛かったことがあり、ベルトを外して、検査しないといけないことに何度か遭遇しました。

ベルトを外すのはすぐに外せますが、その場で付け直すのはけっこうめんどくさいものです。

そういうことで、保安検査に引っかからない、強化プラスチック製のベルトを購入し、以降は保安検査には一度も引っかからず、スムーズに通過することができました。

機内持ち込み手荷物のお願い

那覇のLCC専用ターミナルの保安検査で

今回、那覇のLCC専用ターミナルで保安検査を行った際に、預け荷物を開けてくださいと言われ、機内持ち込み手荷物のキャリーバックを開けなければなりませんでした。

対象になるようなものは入っていないはずだが? と、思っていたら、韓国人のホストファミリーにプレゼントするつもりで買ってあったマンナンライフの「蒟蒻畑」が引っかかってしまいました。

蒟蒻畑がはいった袋

液体ではないのですが、ゼリー類も持ち込めないというのは、気が付きませんでした。

ここで処分するのももったえないと思い、少しでもこの場で食べてしまおうか!と、思ったところ、保安係の人が、蒟蒻畑を袋から出して、「ジッパー付き無色透明プラスチック袋にまとめて入れれば持ち込めますよ」と教えてくれました。

たまたま、ジッパー付き無色透明プラスチック袋をもっていたので、それに入れて、破棄処分をま逃れましたが、韓国のホストファミリーのお土産としては使えなくなってしまいました。

蒟蒻畑=ゼリー

蒟蒻畑を持っていく理由

このマンナンライフの「蒟蒻畑」をお土産に選んだ理由は、日本を訪れた韓国人がおみやげとして良く買っていくということを聞いたからです。

保安検査員に、「韓国の人が良く買っていくので、韓国の人も良く引っかかっているんじゃないですか?」と、尋ねた所、「そうなんですよ~」と、おっしゃっていました。

ちなみに、今回の保安検査では、娘が愛用しているアナと雪の女王が描かれたブリキのカバンに、文房具を入れていたのですが、子供用のハサミが入っていたため、ハサミは処分されてしまいました。

アナと雪の女王のカバン

これは、親の監督不足でした。

読者の皆様も、ゼリーは機内に持ち込めないということには注意してください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする