ピーチアビエーション:沖縄・那覇国際空港-バンコク・スワンナプーム国際空港初就航便搭乗記

2017年2月19日、沖縄・那覇空港とタイ王国の首都バンコクのスワンナプーム国際空港をダイレクトで結ぶピーチアビエーションの直行便が就航しました。

これまで、沖縄からタイへ行くには、台湾、香港、もしくは上海経由などの便を利用していましたが、タイとゆかりがあり、へしばしば訪問している私にととっては、念願の直行便就航となり、まずは直行便に乗ってみようと思い、昨年、発売を開始した頃に予約を入れました。

いったいどのような人たちが利用するのか?と、いうのも興味がありました。
今回の初就航のフライト、ホームページを確認したところ、前日にはすでに「残席なし」ということで、新規の予約ができなかったので、ほぼ満席のフライトのようです。

出発時刻の2時間ちょっと前に、那覇空港LCCターミナルに到着すると、搭乗手続きをするマシンの近くでは数十名ほどが、搭乗手続き開始を待っているところでした。

私が到着して10分くらい経った19時45分頃に、地上係員がこれから、スワンナプーム空港行きの搭乗手続きを開始しますとのアナウンスがあり、搭乗手続きが粛々と始まりました。

搭乗手続き

今回は、バンコクまでとんぼ返りの予定でしたので、那覇からバンコクまでの預け荷物はなく、リュックサック一つの気ままな旅でした。
一人旅ということもあり、有料の座席指定も事前に行いませんでしたが、手続きを済ませて、発行された搭乗券には 16A の窓側の席があてがわれました。

初就航便ということで、出発ロビーには多数のメディア関係者の人が来ていました。

LCCターミナル内

ピーチの広報担当の方もいらしたので、少し話をさせていただきました。
疑問に思っていた、今回の初就航便の搭乗者はどのような国籍のひとが利用するのか聞いてみたところ、「日本国籍と、外国籍とほぼ半々ぐらいだよ」と、教えてくれました。

沖縄居住者のパスポート保持率などはかなり低いということをおっしゃっていて、沖縄の人は海外にはあまり行かないということは事前に調査済みのようでした。
それでも、あえて沖縄を第二拠点として、韓国、台湾、香港、そしてタイに就航させているかと考えると、海外から沖縄に来る旅行需要がはるかに多いと考えていると思います。

タイ以外の国は当てはまると思いますが、はたしてタイ人は来てくれるのでしょうか?

タイ、香港、台湾から沖縄を見ると、その向こうには、大阪、東京があり、沖縄を日本の玄関口として、沖縄の観光を兼ねてプラスアルファのトランジット地点としての需要も盛り込んでいると思います。

保安検査、出国手続きをおえて、出発ロビーにはいると、初就航を祝うセレモニーが行われる準備をしていました。
那覇でのセレモニーは、ピーチの制服を着たCAの方と、お偉い方の写真撮影会のような感じで行われていました。

SNSに投稿しやすくするパネル

出発ロビーで、セレモニーの写真撮影を眺めていたら、となりにタイのパスポートを持った女性が座ってきたので、タイ人とわかり、話しかけてみました。

まずは、最大の疑問である、この初就航便に何故乗るのですか?と、聞いてみました。

彼女たちのグループは、今回の訪日は、4日間の大阪・京都の観光でした。大阪からバンコクへ戻る方法で一番安かったのが、Peach を利用した 那覇経由のバンコク行きだからという理由でした。
那覇では、空港からは一歩もでず、全く観光していなとのことでした。

初就航記念セレモニーが終了すると、搭乗時刻も近づき、搭乗開始となりました。

まずは、後方の16~30列で、窓際のA,F の座席の航空券をもった人からの搭乗となります。パスポートとボーディングパスを地上係員がチェックして、ターミナルの外にでます。
徒歩で駐機場へ向かうのが那覇LCCターミナルでの搭乗方法です。

今回は、初就航のため外に出ると、CAを始めとしたPeachの関係者がハイタッチで送り出してくれました。この時に、初就航記念グッズ(ポーチとキーホルダー)をいただきました。

記念グッズ

隣の席にはタイ人の20歳代の女性でした。彼女にも、沖縄に来た理由をきいてみたところ、彼女は現在神戸に住んで、神戸の学校に通っており、今回この初就航便に乗りたくて、沖縄を経由してバンコクの親に会いに行くという理由でした。
早朝に関空を飛び立ち、沖縄に到着した後、モノレールで県庁前まで行ってみたが、下調べをしてこなかったので、どこへ行けばよいかわからず、すぐに空港に戻ったとのことでした。

特にこれと言ったトラブルもなく、満席の初就航便は那覇を飛び立ちました。
シートベルト着用のサインが消えてしばらくすると、客室乗務員が、就航記念に一人1缶タイのシンハービールを配ってくれました。

シンハービールを配るCA

その後は、食事、飲み物等の注文を受け付けていました。
メニューの中には、タイ就航記念限定メニューということで、 トムヤムクンたこ焼き、シンハービール、トムヤムクン味のカップヌードルなどがありました。

食事の注文などが一段落した、離陸後約2時間ほどたった日本時間で 1:00 頃になると、「機内の照明を暗くします!」というアナウンスがあり、照明をおとして眠りやすい環境になりました。

バンコク・スワンナプーム空港へはこれといった遅れもなく、スムーズに到着しました。
到着したゲートでは、折り返しの便として、初就航となるバンコク->那覇便のセレモニーを行ったあとのようで、これから那覇に向けて搭乗を待つ人達が見えました。

バンコクスワンナプーム空港

バンコクでもセレモニーが行なわれていたようでした。

預けた手荷物を受け取るコンベアの近くでは、タイ国政府観光庁の方が、タイのレイをかけて歓迎してくれました。

空港の外には、タイ時間で 1時過ぎには出ることができましたが、私は次の目的地のバンコク市内の知り合いの店に行くにはかなり早いので、安全な空港のベンチで仮眠をとることにしました。

これからも、ますます利用機会が増えると思います。
よろしくお願いします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする