ミャンマーのおみやげ

ミャンマーのお土産購入場所

ミャンマーで購入したおみやげは、食料品は宿泊先近くの City Mart という名前のスーパー。生鮮食料品をはじめ、ビール・酒などなんでも売っているお店でした。
生鮮食料品などは、路上で展開される朝市などで購入したほうがかなり安くで買えまが、ビールなどは、日本のコンビニ程度の規模の、スーパーのような店に行かなければ購入できませんでした。

タナカ製品・シャンバックなどは、ボージョーアウンサン・マーケットで購入しました。

タナカの原木

タナカの原木

直径5㎝ 長さ15㎝ 程度の原木のタナカを 1000チャット(約100円)販売していました。結構重たく、かさばります。この原木を石板のようなものでひいて、クリーム状にして肌に塗るのですが、石板、ないしは、砥石?のようなものが無いと利用できません。

話の種としては面白い物ですが、実用性はないと思います。

タナカのクリーム(小)

タナカのクリーム

タナカクリーム6個パック

こちらは、タナカの木をすりつぶして、粉にしてクリーム状になったものを、プラスチック製の容器に入れていました。容器がチャチなので、おみやげとしての見栄えが半減してしまいます。

1本 1000チャット(約100円)

タナカのボディー美容液

タナカのクリーム

こちらは De leaf ブランドのタナカのボディー美容液(180ml)。洒落たデザインのチューブに入っていて、お土産としてプレゼントするには良いと思います。
1本 5000チャット(約500円)

タナカの石鹸

タナカ成分含有石鹸

パッケージの一部がタイ語で記載されている。

De leaf ブランドのタナカの成分が含まれた保湿&美白石鹸 (100g) です。綺麗なパッケージに入っています。よく見ると、タイ語の但し書きなどが書かれています。
店によって値段が異なりました。

日本語ができる売り子の店では、バラ売り1個 2000チャット(約200円)と言われました。
タイ人の観光客が群がっている店では、バラで1個 1500チャット(約150円)、1ダース(12個)まとめ買いすると、15,000チャット 1個あたり1250チャット(125円)で販売していました。

ちなみに、楽天の通販で 500円で販売していました。

シャンバック

シャンバック

娘が図書館で本を借りてくる時に、本を入れるのにちょうどいいのでは?と思い、購入しました。ただし、まだ小学校低学年、身長140㎝程なので、肩からかける紐の長さが、長すぎて使いにくいと言われました。

1個 8000 チャット(約800円)

同じ柄のカラーバリエーション

同じ店では、単色のシャンバックがあり、こちらは5000チャット程度とのことでした。

単色のシャンバック

柄が異なるシャンバック

インスタントのお茶

チャーイのようなインスタント茶 30杯分

インスタントのチャーイのようなミルクティーです。1袋の中に1杯分の量が入った小袋が30袋入っています。日本人の好みより、かなり甘めに調合されていてるような気がします。

1袋 3000 チャット(約300円)

こちらは別のブランドのお茶です。

チャーイのようなインスタントお茶

乾燥魚

干した魚

酒のツマミにどうかな?と思い購入しました。かなり塩辛からく、一度戻して、塩抜きをしないと健康によくなさそうです。
1袋 1000 チャット(約100円)

乾燥マトン

乾燥マトン

乾燥させたマトンの小布をなぜか竹を細く切った紐状のものんで巻いています。酒好きに「おやじの会」会員に受けそうなので購入してみました。
価格:忘れました。

バター・ピーナツ

バターピーナツのお菓子

小袋に包装されています。

四角いキャンディーのような形状

ピーナツ・バターのお菓子。ビルマの伝統的なお菓子と書かれていました。袋を開けると、中に1個ずつ包装されており、中身は、一口サイズの四角いキャラメルのような感じ。
子どもたちも、「おいしい!」と、食べてくれました。ただし、ピーナツなので、アレルギーには注意です。

白ごまのお菓子

白ごまをつかった、日本のおこわのようなお菓子です。
袋を空けると、1つ1つ個別に包装されており、その小袋を開けると、なかには、一口サイズの四角い白ごまのお菓子が入っています。

白ごまのお菓子

小分けの包装

キャラメルのような形をした一口サイズのお菓子

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする