那覇空港LCCターミナル・売店

ロビー内売店の閉店が 20:00 と早い

最近、ピーチ・アビエーションの那覇発バンコク行きの便をしばしば利用します。
このピーチ MM989便 21:55 那覇空港発で、バンコク到着は現地時間の 00:25 です。

21:55発ですので、LCCターミナルでの搭乗手続き開始は 3時間前の 19:55 から始まります。搭乗手続きを終えたと、預け荷物がない場合は、保安検査場に向かうことになります。

ただし、保安検査場では、バンコク行きの搭乗者の検査開始は 20:25 からとなっています。約30分程、ロビー内で待たなければなりません。
そこで、LCCターミナル内にある、売店で、ビールでも買って、一本飲もうか?と、考え、売店に向かってゆくと、なんと、売店に「網」がかかっているではありませんか?

中に、従業員と思われる人がいたので、「ビール買いたいんだど~」と、いうと、「ごめんね。もう締めたさ~」と、言われてしまいました。

LCCターミナルの搭乗手続きロビーに唯一有る売店は 朝7時から、夜は20時までの営業とのことでした。

LCCターミナル利用するフライトの最終便となり、MM989便の保安検査が始まる 20時30分まで営業すれば、タイへ向かう人が利用する機会があるので、儲かると思うのですが、いかがなもんでしょうか。

なお、売店の周りにある自動販売機やガチャと呼ばれるおもちゃは、閉店後も利用できます。(ただし、ビールの自動販売機はありません)

ビールが飲みたければ、LCCターミナルに20時前に到着するか、LCCターミナルシャトルバスに乗る前の国内線到着ロビーにあるコンビニで購入する必要があります。

営業時間が書かれたカードと、ビールが入っている冷蔵庫

「網」の外のガチャなどは利用可能

出発ロビーの売店は免税

保安検査を終え、パスポートコントロールで出国手続きを終えると、出発ロビーで搭乗を待つことになります。

この国際線用の搭乗ロビーにも小さな売店が1店あります。

この売店は MM989 便の搭乗が始まるまで開いています。

日本のお土産を主に販売しています。お酒やタバコも販売しており、免税となっています。しかし、お酒と言っても、お土産用の泡盛やウィスキーで、冷えた缶ビールなどは扱っていません。ぜひ、置いてほしいものです。

売店の周りには、数台の自動販売機があり、飲料水やお菓子などが販売されています。また、両替機も1台設置されていました。

両替機

保安検査でペットボトル入りの水は持ち込むことができないので、LCCの機内で飲む水を、いつもこの自販機で購入しています。

機内で 1缶 500円の酎ハイ

今回も、バンコクまでの約4時間のフライト、なるべく寝て過ごしていたかったので、機内販売の酎ハイを一本購入しました。
酎ハイに、おつまみがついて、500円でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする