ピーチ・アビエーションでの遅延

2019年5月末、ピーチを利用して、韓国のインチョン経由で、インチョンから先は韓国のLCCイースター航空にてロシア・ウラジオストクへ行く日の朝、ピーチアビエーションからメールが来ていました。

予定するフライトの遅延に関する連絡でした。

13:10発の MM905 便が、70分遅れの14:20に出発予定とのことでした。理由は、使用機材到着遅れのためということです。

メールを読んだのは、早朝、目が覚めた6時頃ですが、ピーチがメールを送信した日時を見てみると、3:10となっていました。

12時間近く前の時間から、出発が遅れることが確定しているようですが、いったい原因は何なのでしょうか?

まあ、1時間程度の遅延であれば、インチョン国際空港での乗り換えには影響を及ぼさないので、問題はありません。

ロシアでスマホの充電器を使うため、ロシアの電源プラグでも利用できるように変換機を購入するのを忘れたため、余裕を持って電気屋へ行くことができてラッキーです。

買い物をして、那覇空港に到着したのが11:20 頃でした。
とりあえずはピーチの搭乗カウンターへ行ってみたところ、自動チェックイン機の前に多くの人が並んでいました。

チェックイン機の前で並ぶ人々

チェックイン機には搭乗手続きは11:10からと、表示されていましたが、すでのその時刻を過ぎています。

すでに 11:10 を過ぎているのですが、チェックインが始まりません。

しばらくすると、ピーチの係員が来て、出発が遅れているので、搭乗手続き開始は12:20から行うとアナウンスしていました。

係員が来て、案内ボードに記載していました。

出発があらかじめ大幅に遅れる場合は、搭乗開始の時間もそれに合わせるようですね。
メールで連絡が来ている場合は、早く行ってもやることはありません。
慌て行く必要は特になさそうです。

いざ出発

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)