ムー・ガタ:食べ放題のお持ち帰りとは?

タイの「焼き肉食べ放題」、ムー・ガタ

日本でもよくある、「焼き肉食べ放題」は、一人あたり、おとな、子供の価格差はありますが、固定の料金で食べ放題。

ビール、お酒は別料金が一般的だと思います。

しかし、焼き肉食べ放題でお持ち帰りはできないのが一般的だと思います。

タイでは、焼き肉のことを、ムー・ガタと、読んでいます。「ムー」は豚、「ガタ」は鍋の意味です。タイでは肉といえば、豚、鳥で、牛はあまり食べられません。

レストランでムー・ガタを楽しむ場合は、一人あたり100〜200バーツ程度の料金を払って、時間制限がありますが、食べ放題です。

「リム・ターン」という名前のムーガタ・レストラン

ムーガタ・レストランの店内

平日お昼間は閑散としているムー・ガタ・レストラン

お持ち帰りができる「ムー・ガタ」

タイでは、このムー・ガタのお持ち帰りがあります。

豚肉や鶏肉、かまぼこ、イカなど、食べたいものをビニール袋に入れて、重量を測り、重量に応じた料金を払い、お持ち帰りするのです。

タイの東北地方、ロイエット県のスワンナプーム群にある、この店では、1Kgあたり、200バーツで、ムー・ガタのお持ち帰りができます。

1Kg分のお肉と一緒に、1〜2人分の野菜とタレがついています。

メニュー
海鮮ビュッフェ:大人219バーツ
普通のビュッフェ:大人139バーツ
お持ち帰り:1Kg200バーツ

肉類のビュッフェ

肉類の重さを計量して、料金をはじき出します。

ムー・ガタの決めては「ナーム・チム」

生の肉などは、肉屋で買ったほうが安いと思いますが、なぜ、ムー・ガタのレストランでお持ち帰りをするのでしょうか?

ムー・ガタで最も大切なのは、「ナーム・チム」と、呼べれるタレです。

このタレの良し悪しがムー・ガタ店が繁盛するかどうかの決め手となります。

「ナーム・チム」の素などを買ってきて、自宅で作ることもできますが、美味しい「ナーム・チム」を作るのはなかなか難しいようです。

家内の実家では、自宅の畑から取れる大量の野菜を追加して、バンコクに戻る最後の夕飯には、ムー・ガタを、家族みんなで、食べるのが通例となっています。

タイに来た際には、ぜひ「ムー・ガタ」をお楽しみください。

家に持ち帰り、夕飯のムー・ガタ

赤い、トマトソースようなものが「ナム・チム」

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)