「トンブリ・マーケット」観光客がほとんどこない、タイ人向けウィークエンド・マーケット

バンコク市内から、ナコンパトム県の県境に近い、バンコク西部のタウィー・ワッタナー区に、「タラード・トンブリー サナーム・ルアン2」 という名前の市場があります。英語では「Thonburi Market」の名称で通っているようです。

バンコク市内には、観光客でひしめく「チャチュチャク市場(ウィークエンド・マーケット)」がありますが、このような市場の地元のタイ人向けの市場が「タラード・トンブリー サナーム・ルアン2」です。

地元の人向けといっても、野菜や生魚などの生鮮食料品や、夕飯のおかず、惣菜などを販売する市場とは異なる市場です。

「タラード・トンブリー サナーム・ルアン2」では、主に、植物、ペット、衣類、仏教関連品、骨董品などが販売されています。

植物は、観賞用の植物から、ガーデニング関連の機材などが売られていました。

観賞用植物の苗の販売

ガーデニング向けの商品

ペットは、犬、猫、小鳥、魚などが売られており、特に、魚に関しては取り扱っている店舗数も多く、コイから闘魚、熱帯魚まで幅広い種類の数の魚が販売され、まるで水族館にでも来ているような感じで、ウィンドウショッングを楽しむことができました。

雛や小鳥を手にとって触れ合うことができるお店は、子どもたちに大人気でした。

観賞用の水槽に入れるグッズを販売しているお店

頭のコブが特徴なお魚

タイ語の表札などを販売するお店

観賞用の淡水魚を扱っているお店

コイ?を水槽に放して販売しているお店

金魚などの小魚を扱っているお店

色とりどりのザリガニを販売しているお店

闘魚を並べているお店

コイを水槽に泳がせて販売しているお店

闘魚と思われる魚をビニール袋ににれて販売しているお店

観賞魚販売店の看板猫

「タラード・トンブリー サナーム・ルアン2」も、「チャチュチャク市場」同様に基本的には、週末の土曜日、日曜日がメインです。おつづれたのは、ちょうど月曜日(国王誕生日の振替休日)でしたので、1/3ほどの店は閉まっていましたが、休日なので訪問客は多く、駐車する場所を確保するのが大変でした。

また、月曜日は特に、植物関連の出店が多い日だそうで、通路の一車線に、果樹の苗、観賞用植物、面白い形をした枯れた枯木などを販売する、フリーマーケットのような販売店が出店していました。

植物、ペットなどを探している方には、「タラード・トンブリー サナーム・ルアン2」市場のほうが掘り出し物に会えると思いますので、ぜひ足を運んでみてください。

案内地図

仏教関連グッズ・骨董品などの販売コーナー

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)