ウラジオストク市内の公衆トイレ

緑の仮設トイレが公衆トイレ

ウラジオストク市内を散策していると、時々、緑色をした仮設のトイレを見かけます。

日本で、工事現場や、イベント等に用いられる仮設トイレのようですが、ウラジオストクではこれが公衆トイレとして利用されていました。

3つのボックスが連なっており、2つのボックスはトイレですが、残りの1つは管理人のおばちゃんの部屋になっています。
もちろん有料です。

ウラジオストク市内、キタイスキー市場へ通ずる道にあった公衆トイレ

3個ある緑色のBOXのうち1つは管理人のスペース

ウラジオストク駅の公衆トイレ

市内と空港を結ぶ鉄道のウラジオストク駅構内、切符を購入した人しか入れない領域に駅のトイレがあります。

入り口のドアには、有効な切符を持っている人のみが無料で、それ以外は 20リーブル(約40円)で利用することができると記載されていました。
ただし、管理人はいませんでした。

男子用のトイレ、大用は日本の和式スタイルの便器でした。

ウラジオストク駅のトイレ入り口
案内ボードには有効な切符を持っている人のみ無料で利用できると書かれています。

ショッピングモールのトイレ

たいていの、ショッピングモール内にはトイレがあります。
私が利用したショッピングモールでは、有料の場合もあれば、無料で利用できるトイレが有りました。

有料の場合は、トイレの扉をあけると、管理人のおばちゃんの部屋があり、20ルーブル(約40円)を支払いました。

写真のように、赤いデザインで男性用を示しているようなトイレ、これは男性用?女性用?と、悩んでいたら、なかからおじさんがデてきたので、男性用と確信し中に入ることができました。

男性用は、青系のデザインにしてほしいものです。

ウラジオストク市内のあるショッピングセンター内のトイレ。
赤色の男用のイラストに迷う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)