預け荷物の重量を3.5Kg超過して、超過料金 3,100円を支払う@バンコク・ピーチアビエーション

2019年12月、バンコクで仕入れてきた商品や、忘年会などで友達に振る舞う缶ビールを入れたズタ袋を持って、バンコク・スワンナプーム国際空港でチェックインをしたとき、預け荷物のをカウンター横に乗せると、荷物の重量が 23.5Kg と表示され、規定の 20Kg をオーバーしてしまいました。

2ヶ月ほど前に同じ便を利用した際、荷物の重量は 22Kg で、特に何も言われなかったのですが、今回は 3.5Kg オーバーしている。

「リ・パッキングしますか?」と、聞かれましたが、持込み手荷物もすでに規定の 7Kg を少し超えているので、荷物から要らない物を捨てるしか方法がないので、「リ・パッキングしない」と、答えました。

すると、「超過料金は 940THB です。」と、言われ、隣のカウンターで支払うことで解決しました。940THB はこの時のレートで3360円になります。

ExBag = 940THB と書かれた搭乗チケット

航空券を予約した際に使った Visa カードを渡して、係員が端末を操作し、支払いを終えました。
後日、カードの使用歴をチェックすると、940THB ではなく、日本円で 3,100 円 引かれていました。

3,100円という金額、事前に預け荷物(20Kgまで)を利用する金額 3,200円とほぼ同じです。

カウンターにいた係員に聞くと、超過重量は 12Kg まで同じ値段だそうでです。今回の場合あと、7.5Kg まで荷物を入れることができたのですが、持っていける荷物を空港にはありません。

事前に重量をきちんと測り、20Kgを超えないように準備すればいいのですが、旅先では正確な体重計?もなく、チェックインカウンターで正確な重量が判明するという場合も多いと思います。

超過料金として、一律に 12Kg まで3,100円取られるのはどうでしょうか?

超過料金を徴収することが、LCC の重要な収入源になっているのであれば、致し方無いと思いますが、超過料金として 1Kg 単位で、例えば 1Kg 300円という具合に課金したほうが明朗会計ですし、利用客に好かれる航空会社になるんじゃないでしょうか? と、感じました。

ピーチアビエーションの各種手数料:荷物編

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)