SEQ#1で充てがわれた席は?ピーチアビエーション

はいさい

11月に沖縄から仙台までピーチアビエーションを利用して移動しました。

セール期間に購入した安いチケットで、一人での利用でしたので、有料となる座席指定はしませんでした。

出発当日、チェックイン開始時間よりも早い時間に空港に到着し、チェックイン開始とともに、一番乗りで、ピーチのチェックイン端末を操作して、ボーディングパスを取得しました。

ボーディングパスには Seq #1 (連続番号 No.1) が記載されていました。 そして、この時に充てがわれた席は 14A でした。
14Aは、機内のほぼ中央の位置で、非常口があり、シート幅が広く、スマートシートとして座席指定料金が割高となる、12列、13列のすぐ後ろの、窓際の席です。

ピーチアビエーションの座席指定には4クラスあります。
—-
ファストシート:1列目 (1,390円)
スマートシート:2~5列目と非常口がある12~13列(790円)
プレジャーシート:6~12列目と14列~30列までの、窓側の席(590円)
スタンダードシート:14列~30列までの、通路側、真中の席(490円)

事前に座席指定を行っていない場合、最初にチェックインした人には、非常口よりも後方となる、座席指定料金が安いエリアの窓際の席があてがわれました。

次回、ピーチアビエーションを利用する機会があれば、また確かめてみたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)