ロシア・カフェ@沖縄県浦添市

浦添市の宮城という集落を散歩していると、偶然、「ロシア・カフェ」と、書かれたマトリョーシカ風の看板を見つけました。

マトリョーシカの看板が目印

建物の高窓一面に「ロシア」と、赤・青・白のグラデーションで書かれた看板もあり、「なにがあるのだろう?」と、思って中に入ってみました。

外から見たロシアカフェ

店内に入ると、ロシア雑貨やロシアのお菓子、紅茶、プーチン大統領のカレンダー等が壁一面に飾ってあり、異空間感満載です。

店内はテーブルが1個しかなく、広くはないのですが、ロシアの音楽が流れていて、異国情緒を感じます。

お食事のできるテーブルが一つ

ロシア雑貨などが販売されています。

ロシアのチョコレートが並んでいます。

ロシアの紅茶が並んでいます。

ロシアの画家が描いた、ロシアの絵画

ちょうど昼食時感だったので、食べ物はないかと聞いたところ、テーブルの上に、すぐにテイクアウトできるように、ピロシキ、ブリヌイ、玉ねぎスープに、カブのスープなどが置かれていました。

テイクアウトできるようにパックに入ったロシア料理

店内で食べる場合は、温めてくれます。今回は、ピロシキ、ブリヌイ、玉ねぎスープを注文しました。

楕円形をしたコッペパンのような形をしたのが、ピロシキで、店内の説明によれば、「ロシア風菓子パンでオーブンなどで焼き上げて食します。具にはミンチ野菜など、いろいろな食材を入れます」とのことです。

四角形のものは、ブリヌイと呼ばれている料理で、説明によれば「ロシアの春巻き風スナック料理です。沖縄のポーポーのような記事に様々な具を巻き込んで食します」とのこと。

玉ねぎスープは、読んで字のごとく、ためネギのスープです。私にとっては味がうすすぎて、塩と胡椒を追加して味わいました。

食後には、ロシアの紅茶を出してくれました。

ロシアの紅茶

甘い紅茶が好きな人には、はちみつをいれてくださいと、ロシアのはちみつも用意してくれました。

ロシアのはちみつ

紅茶のあてつけ?として、ロシアのお菓子を勧めてくれました。ひまわりの種を使って固めた、日本の粟おこしの、ひまわりの種版のようなお菓子でした。

ひまわりの種のお菓子

オーナーのアンナさんは、日本に10年以上も滞在していて、日本語も堪能です。私が訪れたときは、他にお客さんも来なかったので、2年前に私がウラジオストクへ行った時の話をし、日本とロシアの違いを話して盛り上がりました。

美人女将のアンナさんと

ちなみに、アンナさんはロシアのハバロフスク出身で、ハバロフスクはとてもいい町だと行っていました。ウラジオストクには海で遊ぶために、何度か行ったことがあるけど、長いこと閉鎖されていた町なので、お気に入りの街ではないようでした。

コロナ禍で海外旅行ができない今日このごろ、ロシア人の美人女将とゆんたくもでき、異国情緒を味わえて満足です。

アンナさん、カフェ以外にも、ロシア料理の講習や、マトリョーシカの絵付け教室なども開催しているので、興味がある人は是非足を運んでみて下さい。

カフェの営業時間は、毎日ではなく、私が訪れた 2021年1月の場合、下記のスケジュールでした。

営業日:火曜、木曜、日曜
時間: 12時~19時

近くに駐車場もあるので、車での来店も可能です。

場所は、こちらのグーグルマップを参照して下さい。

PS. 煎れて頂いたティーがとても美味しかったので、1パックおみやげに買って帰りました。

ロシアンティー

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)