那覇->名古屋 初就航便 MM482 ピーチ・アビエーション

2021年1月22日、ピーチ・アビエーションでの那覇->中部国際空港(名古屋)初就航便となるMM482便に乗りました。

定刻 10:35 発のフライトなので、搭乗手続きは 9:05~10:05 の時間帯となっています。早い時間に空港に到着し、ピーチ・アビエーションのチェックイン機等を撮影していました。

コロナ禍ということで、欠航を知らせる案内ボードも設置されていました。今回利用する MM482便も1,2月のウィークデイとなる、火曜日、水曜日、木曜日は欠航が決まっているようです。お客さんの利用がないので、頑張って飛ばして大赤字になるよりは、適度なフライトを続けてくれる方が良いですよね。

欠航を知らせる案内

9時過ぎにピーチ・アビエーションの係員が来て、ロックを外し、自動チェックイン機で、チェックインをすませ、搭乗券をゲットしました。

今回も一番前に並びましたが、タッチの差で SEQ#1 を逃し、SEQ #2 でした。いつものように、一人旅ということもあり、事前にシートを予約しませんでしたが、あてがわれたシートは機内の中央、非常口座席の後ろあたりの 16A 窓側の席でした。

保安検査を通過し、搭乗口付近で待っていると、これから搭乗するピーチの機体がボーディングゲートにやってきました。機体は名古屋から来たようです。

コロナ禍ということもあり、那覇空港では、これといったセレモニーもなく、登場ロビーでのアナウンスで初就航便であることを告げただけでした。

いよいよ、これから機体に搭乗するということで、シート番号 16番目 以降の後方の窓側の搭乗者が並んでいると、ここでトラブル発生です。

搭乗システムがエラーとなって、QRコードを読み込んでの搭乗ができないとのことです。

しばらく待っていましたが、時間もせってきたのか、マニュアルでの搭乗となりました。係員が搭乗券に記載されているシーケンシャル番号を読んで、シートと照合して、搭乗することができました。

初就航便となるMM482の搭乗率は、ざっと見て50%くらいでした。コロナ禍で、愛知県では緊急事態宣言も発出されているので、少ないのは致し方ないですね。

席についてシートポケットに、「機内デジタルサービスのご案内」というパンフレットが入っていました。

離陸後5分ほどしたら、機内Wifiで機内食の注文や動画コンテンツ、フライトマップの閲覧が楽しめるということで、楽しみにしていましたが….

その後、アナウンスが有り、このサービスは、今回のフライトでは利用できないとのことでした。残念。 ちなみに、翌々日の名古屋から沖縄に戻るフライトでもこのサービスの利用はできませんでした。

初就航便に乗ると、記念品を貰えることがありますが、今回、頂いた記念品は OKA-NGO 2021.1.22 と刻印された、飛行機の形をしたキーホルダーでした。

先月、沖縄-札幌 の初就航便で頂いたものと同じでした。

名古屋へは無事予定時刻に到着しました。お疲れ様でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)