ホテルエリアワン大分

大分市での宿泊先として、宿泊施設予約サイト Agoda より、ホテルエリアワン大分を選択しました。

選択理由は、大分駅から徒歩圏内、価格設定が安いという理由です。

実際のロケーションは、大分駅から徒歩約10分程で、周囲には銀行、郵便局などがあり、中央通りという通りを一つ超えた奥に「セントポルタ中央町」という大きなアーケード商店街があり、買い物、食事には問題ありません。

チェックインは1Fのフロントで行い、エレベーターはフロントの前にあるので、外部からの不審者の出入りは無いと思います。

カギは、カードキーではなく、よくあるドアのキー、「ディスクシリンダー錠」でした。

一般的な設備はどのホテルもさほど変わりはありませんが、ホテルエリアワン大分では、次の点が他と違っていると気が付きました。

  1. フロントで手渡された部屋のカギは、ドアの開閉もしますが、室内に入ると、電源をオンにするカギとしても使われています。

2. ボディーシャンプ、歯ブラシ、石鹸などの、アメニティー類が白いビニール袋に入れて、ベッド脇に置かれていた。

風呂に入った際に、ひげそりが無いことに気が付き、フロントでもらうのを忘れたと思ったのですが、風呂から出た後に、部屋の中を探した所、白いビニール袋に入っているのに気が付きました。事前にフロントで説明でもてくれればと思いました。

3. マスクケースなるものがあった。コロナ禍のなかで、マスクをするのが常識になっている今、部屋の中でマスクを保管する際のケースとして利用させていただきました。

4. ホテルの WiFi は各フロアーごとに2,3ヶ所アクセスポイントがるようですが、途中で切れたりして、コンディションはよくありませんでした。スマホ自身のデータ通信の方が安定していました。

可もなく、不可もないといったところでしょうか?

一人利用、食事なしで、ミニ ツインルーム(禁煙)4,151円/泊 でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)