大分交通・大分空港特急バス

ピーチ・アビエーションが大分と成田を結ぶLCCを就航させるので、初就航瓶に乗るために、大分空港へ行くことになりました。

大分駅の近くに宿をとり、大分駅から大分空港までは、大分交通の空港特急バスを利用することにしました。大分駅から大分空港へ行く公共交通機関としては、この特急バスしか無いようです。

当日は、始発便を利用する予定なので、前の日にバスのりばを下見しておきました。

JR大分駅北口にバスターミナルがあり、1番乗り場が空港行きでした。

乗り場の直ぐ側に、時刻表が掲載されていましたが、コロナ禍で、大分空港を発着する飛行機便もキャンセルがでているので、バスのスケジュールもキャンセルが多く、少し複雑になっているので、利用する際には、大分交通のホームページを必ずチェックする必要があると思います。

時刻表につは次のようなメッセージが…

大分空港行のバスは航空機に接続しておりません。航空機出発の約一時間前に空港に到着するバスをご利用ください。また、乗車されるお客様が多い場合、次の便のご案内となります。

1時間に1本あるかないかで、次の便に回されたら、飛行機に乗れなくなるかもしれないので、恐ろしいですねぇ~

バス停には、バスの利用券の自動販売機が設置されていました。大分空港まで片道大人一人 1,550円です。また、2枚券が 2,600円(@1,300円)、4枚券が 4,200円(@1,050円)で販売されていました。

バス停で利用券をまだ購入していない人が多数いれば、割安な4枚券を買って、シェアすることもできそうですね。

翌朝、6:55 発の始発便に乗るために、6:30 頃バス停の来ました。その時間は、利用券の販売機はシャッターが閉められていましたが。6:45 頃に係員がやってきて、シャッターを開けて、自動販売機を作動させていました。

出発前には、約20人程が列をなしていました。 

バスは時刻通りにバス停に入ってきました。大分駅が始発ではないので、車内には数名の乗客が乗っていました。バスの車体下に収納しなければならない大きな荷物もないので、入り口で整理券を取って乗り込みます。

途中、別府などのバス停に何カ所に停車し乗客を乗せて行きます。早朝ですが、出勤時刻に重なる時間帯は道が混んでいて、ノロノロ運転のヶ所もありました。

途中から大分空港までは、高速道路を走りました。

私が利用した日は、大分空港には、予定の 8:00 より約15分程遅れて到着しました。

大分空港内には、バス会社の係員も常駐するバスカウンターがあり、大分空港から、別府・大分駅方面、佐伯駅、由布院、中津駅方面へ行く路線のバスチケットを販売していました。

コロナ禍の時は、バス利用者(旅行者)も少ないので、運休中の路線が多く、利用をされる前にかならずチェックする必要があります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)