沖縄で買い付けをするタイ人バイヤー、沖縄人にもできるのか?

タイから一番近い日本で、昨年より直行便も就航し、実質上、もっと早く・安くたどり着ける日本になった、那覇・沖縄では、タイ人のバイヤーが、日本で商品購入し、タイへ持ち運び、タイ国内で販売して小金、もしくは、大金を稼いでいます。

そんな中、先日、沖縄にしばしば来るタイ人バイヤーの方と私の家内が食事をする機会があり、実際にどうやってビジネスをしているのか聞いてきました。それを元に、日本人がメイド・イン・ジャパンの商品を持ってタイへ運び、タイで販売できるか考えてみました。

日本人がタイ国内で個人向けに商品を販売することは、言葉の問題や、滞在時間、および労働許可の問題で難しいと思いますので、このタイ人バイヤーの代わりに、沖縄で必要な商品を集めて、タイへ運ぶことで、ビジネスができるか?と、思った次第です。

消費税

タイ人などの外国人が観光等の目的で日本を訪れた際には、日本人と同様に商品に消費税の8%を加算した額を支払います。しかし、この商品を日本国内で使用しないで国外に持ち出す場合には、一定の条件のもので、実質上消費税がかかりません。

あらかじめ、指定された消費税免税店、例えば沖縄の場合、サンエー、ドン・キホーテなど観光客が多く訪れる店では、消費税免税店になっています。消費税免税の店で、5000円以上購入し、パスポートを提示するなどの手続きをすれば、だれでも簡単に消費税が戻ってきます。

しかし、日本人の場合はそう簡単に消費税の免税ができるわけではありません。
システム上、日本から商品を輸出すれば、仕入れの際に払った消費税を還付してもらう制度はあります。その条件として、まず、消費税の課税対象事業者になる必要があります。
具体的には、1年間に1000万円以上の売上がある事業者が課税対象となります。

さらに、「輸出許可書」が必要となり、通常は、通関業者に発行を依頼する必要があります。

素人が小遣い稼ぎで運び屋になって、消費税を還付してもらうにはハードルが高そうです。

タイ入国の際の関税

さて、日本でタイ人が欲している商品を入手できたとします。

それを、持ってタイに行きます。話を聞いたタイ人バイヤーは、沖縄ーバンコクの直行便のピーチを利用しています。ピーチでは預け荷物には、航空運賃以外の金がかかります。
1つの荷物、最大で20Kgで2800円かかります。また、一人では最大で5つの荷物、合計100Kg までしか預けられません。

一見高いようにも思えますが、一般の郵便小包などと比較すると、1Kgで280円しかかかりませんので、かなりお安い金額となります。

この、荷物の料金には、日本人でも、タイ人でも同じ金額になりますので、特に問題はないと思います。

最大の難関は、タイの空港での税関通過です。

観光目的の一般の方が、スーツケース1つ、ポーチ1つなどの場合は何も言われずに通過し、タイに入国することができます。
しかし、販売用の商品を多量にもっていると、ほぼ間違いなく、税関を通過するところで、呼び止められ、中身をチェックされます。

ここで、商品の種類ごとによって、関税を支払わなければなりません。実際の税率がいくらかわからないのですが、例えば、タイ人バイヤーが良く買うジェルボールタイプの洗剤をどこかの国から、日本国内へ持ち込もうとしした際、日本の税関では約5%の輸入税が課せられます。タイの場合は、国内企業を守るために、一般的に日本よりも高い関税をかけているので10%かそれ以上程度かと思われます。

さらに、関税とともに、タイの消費税に当たる付加価値税 Value Add Tax (VAT) 7% を支払わなければなりません。
つまり、20%近くもの税金がかかりますので、商品の単価がたかくなってしまいます。

さて、ここからは、タイ人バイヤーから聞いた話なので、真実かどうかはわかりませんが、タイに長いこと関わりを持っておられる方であれば、簡単に納得できるかと思います。

利用する方法は、賄賂です。

空港の税関職員と知り合いになります。真面目な職員ではなく、小金が欲しいと思っている職員じゃないとなりません。

話を聞いた、タイ人バイヤーの場合は、友人のツテを使って、そういうたぐいの税関職員を見つけたそうです。

この税関職員が勤務する日にちと時間に合わせたスケジュールで、タイの税関を通過します。まったく検査せずに通過すると、同僚の税関職員にバレてしまうので、そこは、多少の税金をかけて通過させるそうです。

もちろん、事前(もしくは、通過後)に、この税関職員に袖に下を渡すとのことです。額については教えてもらえませんでしたが….

日本人には、袖の下文化があまりないので、ちょっと難しいと思います。

そういわけで、日本人がタイ人バイヤーのように、商品をタイへ運ぶには、分が悪いと判断できます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする