シンガポール(チャンギ国際空港)でSIMカードを入手

2018年8月、シンガポールの友達に会いに行く際、チャンギ国際空港でSIMカードを購入しました。

空港内の到着ロビーをウロウロすると、すぐに旅行者向けのSIMカードを販売しているカウンターを見つけることができました。

せっかくなので、かわい子ちゃんのいるカウンターへ行ってみました。

今回購入したのは StarHub のツーリスト用SIMです。

12日間利用可能で 32 シンガポール・ドル 日本円で 2500~2600円程です。

データ通信で 100GB まで利用可能、シンガポール国内通話も3000分できるSIMで、容量的には申し分ないSIMです。

自身のSIMフリーのスマホ端末を係の人に渡して、設定等の作業をやってもらいました。
何の問題もなく利用できました。

また、このSIMで隣国マレーシアでも利用できると言われました。シンガポールで数日過ごした後は、バスで、マレーシアのマラッカに行く予定でしたので、都合が良いSIMがみつかりました。

このSIMをシンガポール以外の国で利用する際に注意しなければならないのは、データ容量は 3GB までという点と、通話(電話)ができないという点です。
マレーシアに移動した際に、このSIMでホテルに電話をしようとしたら、「このSIMでは通話はできません」という、アナウンスが流れてきました。

説明書をよく見ると、シンガポール以外では 日本も含む、次の17カ国で利用可能で、30日間利用できると記載されていました。

  • オーストラリア
  • カナダ
  • 中国
  • 香港
  • インド
  • インドネシア
  • 日本
  • マカオ
  • マレーシア
  • ミャンマー
  • ニュージーランド
  • フィリピン
  • 韓国
  • タイ
  • 台湾
  • 英国
  • 米国

他の通信会社のSIMとは比較していませんが、申し分ないサービスだと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする