マレーシア・マラッカのコインランドリー事情

2018年8月にマレーシアのマラッカを旅しました。

旅をする時、厄介なのは、洗濯が挙げられると思います。

多くのホテルでは、ランドリーサービスを行っているところもありますが、かなり割高な価格設定になっているのがほとんどです。
バックパッカーなどに人気がある、エコノミーなゲストハウスなどでは、洗濯機を自由に使えるようにしているところもありますが、他の旅行者とかち合ったりで、都合よく利用することができないこともしばしばあります。

そんな時、ホテルの近くにコインランドリーを利用するのがベストじゃないでしょうか?

今回、マラッカ市内、世界遺産にも近い所で、ホテルの周りにいくつかのコインランドリーを見つけ、実際に利用してみました。

洗濯機

洗濯する衣類の量で 12Kg / 16Kg の洗濯機を使い分けます。 12Kg の洗濯機は1工程 6 リンギット (日本円で約 160円)、14Kg の洗濯機は 7 リンギット (日本円で約 190円程)です。

料金表

手順

日本のコインランドリーと同じだと思いますが、念のために記録しておきます。

洗濯物を洗濯機の中に入れる

このコインランドリーには 12Kg と16Kg のサイズがありますので、洗濯物の量で利用する洗濯機を選択する必要があります。

左が 16Kg の洗濯機、右が12Kgの洗濯機

選択モードを選択する

「冷水」での洗濯か「温水」での洗濯 かを選択します。

お金を入れる

マレーシアのお金には、1リンギット紙幣、5リンギット紙幣などがありますが、紙幣は使えません。
コインの持ち合わせがない場合、両替機がありますので、1リンギット硬貨に両替する必要があります。

洗濯機の奥にあるのが両替機

お金を入れると、自動的にスタートします。
日本のコインランドリーと同じように、全自動で、洗剤等も自動で挿入されます。

開始後は終了を待つだけ、約40分程で脱水までの工程が完了します。

注意事項

「靴、フロアーマット、燃えるもの」を入れてはいけませんと大きく表示されています。
また、「粉末洗剤、洗剤などは入れるな」との注意書きもありました。

乾燥機

洗濯が終わった後は、洗濯物を乾燥機に移し替えて、乾燥させます。
このコインランドリーでは 6分 1 リンギット(約27円)で利用できます。店のおすすめは24分(4リンギット)です。

手順

洗濯物を乾燥機の中に入れる

お金を入れる

こちらも、コインしか受け付けません。

開始温度を設定する

乾燥機

あとは、乾燥機が止まるのを待つだけです。6分ごとに乾燥状態を確かめて、続けて乾燥させるのが、一番の節約方法かと思いますが、私の洗濯物は旅行中のため、そんなに多くはなかったからか、18分で満足できる仕上がりとなりました。お店のおすすめとあまり変わらなかったです。

私がコインランドリーを利用している間、マレーシアのローカルの方が1組(夫婦)、たくさんの洗濯物を抱えてやってきました。
日中、町を歩いている時に、この場所以外のコインランドリーも見ましたが、一人いるかどうか、という利用状況でした。

マラッカ市内では、コインランドリーを良く見かけましたので、旅行の際には利用しない手はないと思います。
コインランドリーがあると、旅行中に洗濯が簡単にできるので、持っていく着替えも量も少なくて済むので、便利ですね。

左側が洗濯機、右側が乾燥機

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする