カトマンドゥ・ダルバール広場

2018年11月にネパールを訪れました。

夕方、カトマンドゥのホテルに着いて、真っ先に向かったところが、世界遺産にもなっているダルバール広場でした。

昔の王宮や、寺院等がある広場で、壁や塀などの柵などはありません。広場といっても、道が広くなった場所という感じで、観光に来ている人よりも、単にこの場所を通過しているネパールの人が多いです。

外国人観光客から入域料を徴収するために、主だった出入り口付近に、チケットオフィースがあります。

外国人観光客は 1000 ルピー(約1000円)の入場料を払います。

入域料支払い所

ダルバート広場のエントリーチケット

外国人でも、インド、バングラディシュなど隣接国から来る外国人は料金が安いです。
ちなみに、ネパールの人は無料です。

私は、夕方にダルバール広場についたので、明日の朝もまた来て、朝の様子も見てみたいと思い、数日間利用できる、ビジターズパスを作りました。

顔写真とパスポートが必要ですが、すぐ近くのオフィースに行って作ってもらいました。

発行してもらったビジターズパス

ビジターズパスを発行するサイトオフィス

翌朝、再度ダルバール広場を訪れると、鳩の多さにびっくりしました。

右側がハヌマンドゥカ

早朝のダルバール広場

タレジュ寺院

夕方のダルバール広場

左奥がカスタマンダブ寺院

正面がカスタマンダブ寺院

パサンタブル広場の仏教関係グッズを売る屋台

カーラ・バイラウ”

カスタマンダブ寺院のシーサー

ナラヤン寺院のガルーダ像

クマリの館

クマリの館

バサンタブル広場・中央の白い建物の1Fがサイトオフィス

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)