ナガルコットの宿泊先・Langtang View Nagarkot

ランタン・ビュー・ナガルコットの位置

カトマンドゥの郊外、バスで1~2時間程離れた、ヒマラヤが見える町、ナガルコットでの宿泊先として選んだのは、ランタン・ビュー・ナガルコットです。

いつも利用している、インタネットの宿泊先予約サイト agoda.jp から、値段もお手頃で、バス停からも近く、利用者のフィードバック内容もほどほどでしたので、このホテルを選びました。

ナガルコットのバス停から100mも離れていない、小さなバザールを超えた場所に位置して便利でした。

Langtang view nagarkot ホテル入口

ホテルの入口の前にローカルのスーパーがあり、ビール・アルコール類も購入可能です。

ホテル向かいのスーパー

道路に面した1Fはホテルのレセプションがあり、裏側に中庭があり、ここが厨房・食堂になっています。

BBQや焚き火をする設備もあり、日が暮れた後は寒くなってきたので、ここで暖をとりながら、旅行者と話をして、食事の準備ができるのを待ちました。

屋上からみたホテルの中庭

ホテルの中庭で食事

ホテル建物の裏側

中庭に面した厨房

「屋上には、ヒマラヤが展望できるテラスがあるから、ぜひ登って見てください」と、ホテルのマネージャーが勧めてくれました。

4F建ての屋上にさらに1F分高くして、螺旋階段を登った先に、テラスがありました。

屋上のテラス

テラスには、日光浴ができるような、よくビーチなど置かれている長椅子がいくつか並べられていました。
私が訪れた11月は寒くて日光浴どころではありませんが….

遠くには、薄っすらとヒマラヤの山々を見ることができました。

ヒマラヤの山々

ランタン・ビュー・ナガルコットの部屋

私が宿泊したのは、ダブルベットのお部屋です。TV、冷蔵庫などの設備はありません。ベッドが2つとトイレ、シャワーがあり、熱いお湯もちゃんと出ます。

電気コンセントはネパール用にB型のアダプターを持っていったのですが、C型のコンセントでした。ただ、部屋の中にC型からB型、A型(日本の形状)でも利用できる延長コードがあったので、問題なく利用できました。

停電は、宿泊中、10分程の停電が1度あったきりでした。

道路側に面した外に椅子が1つ置ける程度のベランダがありました。

ホテルの前がバザールの端なので、通行人の話し声等が聞こえましたが、夜もふけるうちに通行人もいなくなり、静かに過ごすことができました。

ランタン・ビュー・ナガルコットの食事

ホテルの周りにも数軒のレストランも有りましたが、今回はホテルで夕食をとることにしました。
食事の準備には時間がかかるので、あらかじめ注文をしておいてくれと言われました。

ネパール料理のダルバート・タルカリ(500ルピー)、ビール(400ルピー)をいただきました。
メニューにはダルバート・タルカリ以外の料理もあります。

ダルバート・タルカリはガイドブックにも掲載されている代表的なネパール料理で、カトマンドゥで食べる機会がなく、ラッキーでした。カレー系のスパイシーな料理が好きな私にはラッキーです。

夕食のダルバート

翌朝の食事は宿泊料金に含まれており、オムレツと食パンとチャーイのよくある朝定食でした。

朝食

チェックアウトの際に宿泊料金と食事代をネパール・ルピーで払ってさようならです。

最後に、ホテルの片言の日本語を話す、外人タレントのボビンに雰囲気が似たマネージャーと記念撮影をしてお別れしました。

バス停にも近く、リーゾナブルなお値段で宿泊できるナガルコットのお宿でした。

ホテルのマネージャーと記念撮影

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. […] ナガルコットの宿泊先・Langtang View Nagarkotランタン・ビュー・ナガルコットの位置 カトマンドゥの郊外、バスで1~2時間程離れた、ヒマラヤが見える町、ナガルコットでの宿泊先として選…www.poky.org […]